東京でバンクシーの作品が見つかったと、TVニュースまで報道している。日本初の発見か、との記事もあったけど、渋谷界隈には、バンクシーと思われる落書き(ステンシル)が複数あるので、あれは、日本初とは言えないんじゃないかなと思う。

いや、みんな、バンクシーの落書きが東京にいくつもあるのを、知っているもんだと思っていました。だって、日本でバンクシーの写真集だって出版されているんだし。

上の写真は、恵比寿で発見したもの。まだ、あると思う。有名なアートギャラリーの入り口わきに描かれていたので、ほぼバンクシーの作品でしょう。もしかしたら、ギャリーの許可を取って描いたか、ギャリーに依頼されたのかもしれない。

こちらは、渋谷川沿いのビルの壁で見つけた作品。正月に前を通ったら、上からペンキで消されていました。あぁ、残念。


その後、九十九里浜でも発見されたとのニュースも報道され、にわかに真贋が話題になってきた。でも、はっきり言って、バンクシー本人が語らない限り、本当の真贋はわからないと思う。

そもそも、バンクシーの路上落書き作品は、ステンシル(型紙)で作ってるので偽物が作りやすい。早い話が、型染と同じやり方。型紙を切り抜いたものを作って、その上からスプレーして壁に描いているから、型紙を複製すれば、いくらでも同じものを描くことができる。(グラフティやタギングなど、よるある落書きは、缶のペイントスプレーだけで描いている。)

某アンダーグラウンド情報によると、80年代の暴走族も、ステンシルを使って落書きを残したらしい。「吹田連合惨状」とか。ステンシルとスプレーを使うと、一瞬で済むので、すぐに逃げられるそうだ。

ここ数年、バンクシーの落書きに触発されたフォロアーも少なくない。渋谷周辺でも、ステンシルの落書きはときどき見かける。となってくると、よけいにバンクシーかどうか、見分けにくくなってしまう。

でも、バンクシー本人は、そんなこと気にしていないんじゃないかな、と思う。だいたい、バンクシー自体、一人の作家なのかどうか、わからない。アンディ・ウォホールもファクトリーという集団を作っていたし、村上隆も有限会社カイカイキキで制作している。


バンクシーの作品は世界各地でみられるが、複数の人が同じステンシルで世界各地で落書きしているのかもしれない。たぶん、バンクシーは、偽物が各地で描かれることも含めて、自分の創作活動の一環だと考えているんじゃないかと感じる。ムーブメントというか、社会現象としての作品。作品というより、プロジェクト感覚なんだと思う。