渋谷暗黒巡礼 Dark Pilgrimage in Shibuya

見ようとしても誰にも見えない渋谷、見えてるのに誰も見ようともしない渋谷

暗黒聖地巡礼とはbefore your pilgrimage

妖婦と地霊 Erdgeist 2006



ちょうど10年前の12/28、下半身だけの死体が宇田川遊歩道脇に捨てられていた。

この殺人事件は、後に「新宿・渋谷エリート殺人事件」としてマスコミに大きく取り上げられ、その裁判までも注目を集めた。殺されたのは外資系企業に勤める30歳男性。犯人はその年上妻。殺害現場は、二人の自宅。代々木公園のすぐ近く、井の頭通りに面した新しいマンションだった。
死体の上半身が200612/16に西新宿で発見された。遅れて12/28に下半身が富ヶ谷の深町交番付近の空き家の庭で発見される。翌2007年、1/10に犯人は逮捕された。その後、死体の頭部は発見されたが、両手首は見つかっていない。
下半身の遺棄場所は、阿部首相の自宅もすぐ近く。坂を下って約4分という距離。そういうと高級住宅街のような感じがするが、同じ富ヶ谷1丁目でも、神山通りより西側(高台側)と東側(宇田川遊歩道周辺)では、地価はかなり違う。宇田川遊歩道沿いは、もともと地盤が弱く、大きな邸宅はない。2010年の地震でも、現場の23軒隣のアパートの土台がひび割れ、斜めに傾いた。
現場周辺エリアは、昔「深町」と呼ばれており、いまも交番や祭りの神輿に名前を残している。このあたりが、底なしの沼田だったことが、その町名の由来というぐらい、ずぶずぶの低湿地だったらしい。

犯人は、頭や上半身はタクシーや電車で自宅から離れた場所に運んでいるが、下半身は運ぶのに疲れて近所に捨てたらしい。計画的にあの場所を選んだわけではなさそうだが、地形的にじめっとした、風水的に陰にこもった、あの場所に捨てたのは、なんとも的確だったと思う。ゲニウス・ロキというか、なんというか、常軌を逸した極限の精神状態になると、人は無意識にそういう場所の匂いを嗅ぎ付けられるのかもしれないと思いたくなる。

現在、死体遺棄現場となった民家は取り壊され、雑草が生い茂っている。門とブロック塀は残されているが、残された倉庫と隣の家の壁には、落書き(グラフティ)がデカデカと描かれている。転売される気配も、建替えられる様子もない。
一方、殺人現場となった犯人と被害者の自宅マンションは、いまもきれいなままだ。「両手首のない幽霊が出る」といった噂は聞いたことはないが、その部屋をAirbnbで貸し出したら、亡霊好きのイギリス人が殺到するかも。代々木公園近いし、原宿、渋谷にも歩いていけるし。

実は、渋谷には殺人現場を貸し出しているアパートがあったりする。







臥せた水龍 water dragons under ground

渋谷川移設工事

渋谷は川の街だ。

谷があるということは、その谷を刻んだ水の流れもある。渋谷の川と言えば渋谷川だけど、川の流れを直接見られるのは渋谷駅より南側だけで、駅より北は全て暗渠になっていて地下を流れている。
キャットストリートの下を渋谷川が流れているのは、意外と知られていない。

 
渋谷には他にも地下を流れる川が何本かあって、地上をよく見るとそこが川の上なのがわかる。どの川も道の下を流れている、というよりも、川の上にフタをして、そこを道にしたと言う方が正しい。首都高を含め、川の上に道を作るのは、更地の限られる東京の特徴かもしれない(東京オリンピックの副産物)。外国人から見ると、川の上で立体的に交差する高速道路は、東京を感じさせる風景らしい
 
わかりやすいところでは、宇田川町の下を流れる宇田川。代々木八幡から宇田川町にかけては、遊歩道になっていて、多少くねくねしているので、川だった感じがする。宇田川の支流の河骨川(もちろん、今は道の下)が童謡「春の小川」だったことは有名。
 
その他にも、今は名前もないが、松濤公園から東急本店前を通って宇田川に合流している見えない川もある(十数年前は、栄通りに沿ってドブ川が流れていた)渋谷駅の南西、桜ヶ丘から代官山の間には、鉢山町から鶯谷にかけて道の下を流れて渋谷川につながっている川がある。道の下を流れる川は、はっきり言うと今は下水道になっている。そういう道は普段は気づかないが、雨の日の翌日にそこを通ると、轟轟と水が流れている音がして、川だった名残を感じさせる。狭い道の下に川が流れているときは、道にやたら下水のマンホールがあるから、すぐわかる。

 渋谷川水系の地図は、こちら→河川&暗渠ルートマップ(渋谷川・古川水系)

 
どの川も渋谷駅付近で渋谷川に合流している。渋谷駅が谷底というのは、水の流れでもわかる。ゲリラ豪雨のときは、山の手線の下をくぐっている道路が水没したし、ハチ公前も水があふれ、地下鉄の階段に流れ込んだ。皮を一枚はがすと、渋谷駅のあたりは、文字通り、川の水が渋滞する場所なんだろう。
 

渋谷駅の建てかえがらみで、渋谷川の付けかえ工事が、ヒカリエの前でいま行われている。渋谷川の見えている部分も、東急東横線のホームと高架がなくなるのに伴って、フタをする構想もあるとか。渋谷を形づくる水脈が全部フタをされて、封印されてしまう。これって、風水的にはどうなんだろう?と思ったりもする。

蟻地獄と蜘蛛の巣 the varied landscape in Shibuya

landform of Shibuya

渋谷は、蟻地獄に蜘蛛の巣がはったような街だ。

渋「谷」の街は、巨大なアリジゴクというか、大きなすり鉢状状に近い形をしている。一番谷底にあたるのは渋谷駅。

ネット上では、渋谷の街には臭気が漂っているとか、言われているが、土曜日の早朝、センター街を歩くと、確かに臭い。谷底あたりで空気が淀んでいるのかもしれない。もし、中学二年生を渋谷につれてきたら、「妖気が漂っている」とか「邪気が溢れている」とか言い出すぐらい、ムっとしていることがあるのは事実。


小ぶりの谷も渋谷には沢山ある。鶯谷、北谷、ちょっと離れているが千駄ヶ谷にも、谷の字が残っている。深い谷は、いろいろ因縁がある場所も少なくない。かつては地獄谷と呼ばれた場所も渋谷にあった。

渋谷駅で降りると右に行っても左に行っても坂がある。坂道は駅を中心に放射状に、まるで蜘蛛の巣のように広がっているのだけれど、これが曲者で、上がる坂道を間違えると、進めば進むほど、本来上がるべき坂道から遠ざかってしまう。そして、この坂と坂の間に何やらややこしいものがあったりするのが渋谷らしいところ。初めて渋谷に来た人が、この蜘蛛の巣によくひっかかっている。まぁ、その前に渋谷駅の迷宮で迷ってしまうけど。


坂があるなら、山もある。渋谷周辺の地名には山がつく場所が多い。青山、神山、鉢山、西郷山、代官山。昔は原宿に源
氏山という地名があったそうだ。ちなみに、渋谷の外周を7つの山が囲んでいる。その形が北斗七星を同じだったら、すごいのになぁ。

山は、しばしば信仰の対象になったり、神社仏閣が立てられたりする特別なスポット。青山には霊園があるし、西郷山や代官山には古墳があったりする。
 

 地形の豊かな地域には、いろんなスポットができやすいのだと思う。

澀 → 澁 → 渋 What Shibuya derives from

SHIBUTANI

渋谷の何が「渋い」のか。

「渋谷」という地名からして、谷間で湿っぽい感じがする。世田谷や千駄ヶ谷だと、どの辺りが谷間だっけ?(江戸時代は田が広がって地域だと思う)と考え込んでしまう。渋谷の「渋」の字が、いかにも水が滞っている雰囲気。実際、いまだに水があふれることがある。

「渋」の旧字体は「澁」で、その前は「澀」、白川静先生によると「渋」の字は、最初はさんずいはなかったらしい。この右側の込み入った字は、「止」の字が上下に二つづつ、計4つあって、さらに上の二つは上向き、下の二つは下向きで互いにお尻を突き合わせる形になっているそうだ。簡単に言うと、22で尻相撲をとっているような感じ。反発の「発」の字のかんむりも「止」が二つ並んでいる形だそうだから、「渋」は、互いにぶつかりあってにっちもさっちも行かなくなった様子を表しているとか。さらにサンズイへんがついて、水が何かにぶつかって滞る意味もあるらしい。

古くからある地名は、もともと地元で呼ばれていた地名に漢字を当て字したものも少なくない。中には時代によって音は同じでも、漢字表記がときどき変更された地名もある。
渋谷は中世から「渋谷」と表記されていたようだが、もともと「しぶや」と呼ばれいたのだろう。
渋谷区によると、地名の由来は諸説あって定説はないらしい。渋谷区のホームページには、4つの説が載っている。

(1) 「塩谷の谷」説
(2) 盗賊「渋谷権介国盛」説
(3) 「しぶ色の川」説
(4) 「しぼんだ谷」説

似非理系としては、4番目の「しぼんだ谷」説を押したい。
「しぶ」は「しぶい」の「しぶ」
と同じ。古い日本語の「しぶ」は、しわしわを意味する「しぼ」と同源だろう。「しぼむ」はその動詞形。「しぼ」は今でも革製品の用語として使われいる。英語でいうところのグレイン・レザーは日本では「しぼ革」と呼ばれている。昔は革を手もみして細かいしわを全面つけた。つまり、「しぼ」の意味するところは「しわ」。「しぼむ」と「しわ」ができる。たぶん、「しぶい」という言葉の由来も、渋柿を食べたときの顔、とくに口元がしわしわになるからだろう。

ということは、「しぶや」とは「しわしわの谷」という意味だったんだろう。実際、渋谷の地形図を見ると、大小の谷が渋谷川に向かって沢山刻まれている。坂のある都市は国内外に沢山あるが、こんなにしわしわでアップダウンのある土地に住宅から高層ビルが密集した都市は、珍しいと思う。(渋谷の地形の話につづく) 

巡礼地「渋谷」 Shibuya as a field for pilgrimage

spider web on Shibuya

渋谷でダーク・ツーリズム。

聖地巡礼のフィールドを渋谷にしたのは、かれこれ四半世紀も渋谷をうろついているからということなんだけれど、改めて考えてみると、渋谷はそういうフィールドにとても似合っている。なんというか、渋谷そのものが一つの巨大なダークスポットというか、渋谷駅を中心にしたダークエリアのような気がする。
 
地形からして渋谷駅を谷底にした巨大な蟻地獄のようだし、川や水路も渋谷駅を目指して集まって来る。「渋谷」という地名自体も何か湿っぽい感じがする。もちろん東京で湿っぽいのは渋谷だけではないけれど。池袋には巨大な池があったし、新宿は淀橋浄水場があった。でも渋谷が一番、谷底な感じがする。
 
怪しげな場所でみると、新宿の歌舞伎町や百人町、池袋駅の北西方面や区役所周辺もあるが、渋谷にも円山町とか、渋谷川と東急東横線の間とか、ないことはない。毛色はそれぞれ違うが、怪しげな雰囲気を醸していると思う。ま、夜っぽさでは、新宿の独り勝ちだけれど、女子比率では渋谷ダントツかと。池袋が喪女の街だとすると、新宿は悪ビッチ系、渋谷は良ビッチ系のイメージ。それはダークエリアとは直接関係ないか。
 
池袋にせよ、新宿にせよ、渋谷にしてもどの街も、江戸時代には江戸のはずれにある場末の街だった。今は、どの街も何となく着飾って恰好つけているけれど、いまだにそこはかと場末の雰囲気を残している気がする。

暗黒聖地 dark power spot


聖地の暗黒面。

街中の不吉な場所を巡る暗黒聖地巡礼なる活動(
というかレジャー?)を企画しているわけだけど、じゃぁ、目的地である暗黒聖地には、どんなところがあるんだろうか。

不吉な場所といえば、昔から人気なのが心霊スポット。東京だと千駄ヶ谷トンネルとか、京都だと深泥ヶ池トンネルとか、なんか出たという噂のあるところがある。半分は怖いもの見たさで行くといえば、この10年ほど廃墟ブームもある。廃墟かつ心霊スポットもある。古くは火災で焼け落ちた「ホテルニュージャパン」とか、琵琶湖湖畔の廃ホテルとか。勝手に中に入るのは、違法だけど。
とはいえ、オカルトや廃墟が大好きな人はいいけど、行き先が薄暗いトンネルや廃墟だけだと、なかなか行く気がしない。散歩がてらの七福神参りみたいに、街中でちゃっといくつかのスポットを経巡れるような、身近なコースがあってもいいと思う。

伊勢神宮や出雲退社の遷宮をきっかけに再び盛り上がっているパワースポット・ツアーだけど、日本のパワースポットと呼ばれている場所は、ときとしてダークな側面を持っている場合がある。例えば、神社やお寺の場所が選ばれた理由は、何かを封じこめるためだったり、都や城を何かから守るためだったりする。でも、パワースポットとして紹介されるときは、ダークな部分は削られ、プラスのパワーだけが強調されてしまうのだが、、、ダークサイドから見ると、負のパワースポット=暗黒聖地と呼べる場所は、街中でも案外見つかる。

暗黒聖地は、風景として異界な印象を与えるのか、由来や曰く因縁に関する前知識が印象を操作するのか、それとも、湿度や温度、明るさが周辺と異なっているせいなのかわからないが、何か感じる人にとっては、本当に何か感じさせるものが、紛れもなくそこに「在る」んだと思う。

暗黒聖地巡礼 dark pilgrimage



日本のダーク・ツーリズムの夜明け。

2010
年頃からダーク・ツーリズムという言葉も日本でも使われるようになってきた。東日本大震災がきっかけになったのだと思う。
ダーク・ツーリズムは、戦災や大災害、大事故にまつわる場所(現場、跡地、慰霊碑、資料館など)をツアーするのだが、そういう悲惨な歴史・事件を直視したり、追体験するきっかけになるところに意義があるらしい。

英国発(しかもスコットランドのグラスゴー)の概念だから、英国人の好きな「幽霊屋敷ツアー」的な怖いもの見たさツーリズムの側面がないとは言えない。提唱する学者達も、不純な動機がなくはない辺りは認めた上で、だとしても、ダークな場所に行ってみれば大きな学びがあると考えているようだ
 

日本でのダーク・ツーリズムの代表的な目的地は、広島、長崎、沖縄の太平洋戦争戦災跡(皆忘れているが、3/10は東京大空襲の日。東京の下町で10万人が一夜で亡くなった。翌日の朝には、道端には黒焦げの母・子が抱き合ったまま立っていたり、隅田川が水死体で水面が見えなかったという。広場には黒焦げの死体のピラミッドがいくつもできた。東京大空襲資料館はもっと来館者が増えた方がいいと思う。)がだろう。修学旅行先のメッカでもあるから、教育的効果はあると思われているのだろう(生徒の感想は、まぁ別だが。)今は、それに三陸海岸の津波被災地が加わった。
戦災や災害は、めったにはないが忘れてはならない歴史的事件だと思う。そこまで大きな被害が出たわけではないが、その場で人が死んだり、苦しんだりした場所は、探してみると、結構身近なところにあって驚いてしまう。歴史のある都市だとなおさら。京都なんて、どこを掘っても応仁の乱で焼け落ちた家々が埋まってそうだ。
 

そういう不吉な場所を巡るのも、ダークツアーと考えてもいいと思う。戦災や大災害ほど大事件でなくても、その場所のダークな歴史や事実を知ることも、悪くなくもないかもしれない。
‘00年代半ばから、アニメの聖地巡礼が始まったが、それにかこつけて経産省や観光業界がコンテンツ・ツーリズム()とか言い出した。最近では神奈川県が聖地誘致にがんぱっているようだ(昔から学園モノは神奈川県が舞台というイメージ)。ツーリズムと言うと、地方都市の観光振興や、日本への海外旅行客誘致のように、飛行機や鉄道で移動して泊りがけの旅行レベルをイメージしてしまう。個人的には聖地巡礼の方が、日本人の旅行感覚(ツアーというよりトリップ)に合っているような気がする。ダーク・ツーリズムも聖地巡礼の一種として、暗黒聖地巡礼とでも呼ぶのもいいかなと思う。